さいわい鶴見病院トップ 診療科一覧 睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

診療科一覧

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

受診(予約)方法について

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群の多くは閉塞性睡眠時無呼吸症候群です(以下、閉塞性省略)。
上気道の閉塞や虚脱(押しつぶされ狭くなる)によって、睡眠中に呼吸の停止・減少を繰り返す疾患で、血液中の低酸素状態や高二酸化炭素状態を繰り返し、睡眠の分断や深い睡眠の減少がみられます。
その結果、いびき・日中の眠気や不眠症といった自覚症状の出現、多くの合併症(高血圧、糖尿病、脳・心血管障害、認知機能低下、 うつ病など)の原因や悪化要因となり、長期的には死亡率に影響を与えることが報告されています。

肥満は睡眠時無呼吸症候群の発症に強く関わりますが、日本での睡眠時無呼吸症候群患者の38%は非肥満、5%はやせている、という報告もあり、肥満でない場合も睡眠時無呼吸症候群の可能性は否定できません。

一般の健診受診者の中で、治療が望ましいとみられる睡眠呼吸障害(血液中の酸素飽和度検査による)は、 成人男性で4人に1人、閉経女性で10人に1人にみられるという報告があり、また、人口から換算した中等症以上の睡眠時無呼吸症候群の患者は900万人も存在すると推測する報告があります。 しかし、治療者数は50万人に達しておらず前記のように肥満ではない方も少なくなく、約5割は日中の眠気を感じていないため気付かずに過ごされている方が多いと考えられます。

気道狭窄の症状である“いびき”がある方で、睡眠障害や日中の眠気、起床時の頭痛、肥満がある方、高血圧や糖尿病、脳・心血管障害などの持病をお持ちの方は、是非ご相談下さい。
まずは自宅でできる簡易検査を施行し、その結果と自覚症状・合併症から、入院での精密検査である睡眠ポリグラフ検査の必要性を判断します。

*健康保険で、簡易検査の上で、精密検査をおこなうことが定められています。

検査

問診結果で
睡眠時無呼吸の疑いあり
とされた場合

簡易検査

自宅で簡易検査

簡易検査
普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。 自宅でもできる検査なため、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査することができます。多くの場合はまずこの簡易検査から行ないます。
主に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメトリー)と、気流やいびき音から気道の狭窄や呼吸状態を調べる検査とがあります。検査の内容によって費用も異なるので、詳しくは医療機関にご相談下さい。

希望日に、測定器が自宅に配送され、自宅で検査をおこなえます

簡易検査による結果で
より詳しい確定診断が必要
とされた場合

診断受ける

1泊入院で検査

睡眠ポリグラフ検査
簡易検査と同様の呼吸状態の測定、睡眠と覚醒の判別、睡眠の質・量、無呼吸のタイプなどの複数の測定項により、睡眠時無呼吸症候群の確定診断をおこないます。小型・軽量化された計測機器を用いるため、装着による不快感をできるだけ抑えた状態で検査が可能です。
*計測項目:脳波、眼球運動、おとがい筋筋電図、頭の動き・向き、呼吸努力(胸腹部)、呼吸気流、いびき、血中酸素飽和度、脈拍

週末に、1泊入院で検査をおこないます。
尚、新型コロナウイルス感染対策中のため、睡眠ポリグラフ検査ご希望の方は事前にお問合せください。

治療方法

  • CPAP(持続性陽圧呼吸療法、当院内科にて対応)
  • スリープスプリント(マウスピースをつける方法、歯科に御紹介します)
  • 外科手術(頻度は少ない)
  • その他 肥満のある方は減量指導

検査と費用

睡眠ポリグラフ検査
(1泊入院食事なし、アメニティーなし)
CPAP1か月分 簡易検査
2割 15,520円 2,700円 1,440円
3割 23,280円 4,050円 2,160円

一覧に戻る