さいわい鶴見病院トップ 新しい「さいわい鶴見病院」が誕生します

新しい「さいわい鶴見病院」が誕生します

さいわい鶴見病院パース

2025年5月

新しい「さいわい鶴見病院」が誕生します

地域包括ケア病棟89床、一般病床31床

院長ご挨拶

てきすとがはいります。てきすとがはいります。てきすとがはいります。てきすとがはいります。

院長

患者さんへのお知らせ

新病院コンセプト

横浜医療圏の急性期医療の中核病院として、石心会の理念に掲げられた『断らない医療』『患者主体の医療』『地域に根ざし、地域に貢献する医療』を実現する、合理的で利用者の満足度の高い、今の時代に合った病院を造ります。

01救急の充実【断らないER】

迅速な救急医療の実現 【ERの配置と動線短縮を意識した計画】

02病病棟の充実【個室の充実】

利用者もスタッフも満足度の高い医療環境の実現

03地域に根ざした安全・安心な医療

感染症対策や災害時に強い安全かつ信頼性のある施設の実現

工事スケージュール

第一期:外来棟 兼 診療棟 建設工事(2022年5月~2023年5月頃)

第二期:入院棟建設工事(2023年6月頃~2025年5月頃)

3期:外来棟(病床機能戻す)改修(2024年12月頃~2025年3月)

施工者 株式会社 千藤建築設計事務所
工事概要 入院棟(鉄筋コンクリート造6階建て延約5371.03㎡)
外来棟(鉄筋コンクリート造6階建て延約3193.45㎡)

新病院の進捗

テキスト

テキスト

テキスト