さいわい鶴見病院トップ 診療科一覧 糖尿病内科

診療科一覧

糖尿病内科

受診(予約)方法について

当院では開院当初より糖尿病外来を始めております。また、2017年4月より教育入院や血糖コントロール(インスリン導入含む)のための入院治療も行っております。

糖尿病内科外来とは

糖尿病は「治す」病気ではなく、血糖値を良い状態に「コントロール」する病気です。
それにより、合併症の発症や進行を防ぎ、健康な人と変わらない生活の質を保つことができます。
当院では、糖尿病専門医、糖尿病認定看護師、栄養士、理学療法士、薬剤師が患者さんの治療をサポート致します。 診察までの待ち時間や会計待ちの時間を利用して、看護師による生活変化の聞き取りやフットチェック、管理栄養士による栄養指導を行っております。

教育入院について

糖尿病についての知識を身につけることは、治療そのものであると言われるほど大切な事です。 外来通院ではなかなかコントロールが良くならない、という方には短期間(1週間程度)の入院で必要な知識・技術を身につけることをお勧めします。
医師・看護師による糖尿病指導、栄養指導、理学療法士による運動療法などが受けられます。入院中の頻回な血糖測定や検査結果をもとに、 最適な治療法へ変更することもできます(その場合入院期間が1週間以上かかることもあります)。
また、入院中に色々な検査を行い、現在の合併症の評価を行い早期発見・治療につなげることができます。
そのほか、外来通院中の患者さんで血糖コントロールが悪化し体調に変化が見られる場合などは、適宜入院治療を行っております。

糖尿病内科外来の流れ

問診票の記入

診察(医師による診察、看護師による生活についての聞き取り

検査、栄養指導など

処方

  ※予約制です。初めてかかる方は、なるべくかかりつけ医からの紹介状をご持参ください。

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 上田 瀬上 久間
阿久井
午後 阿久井
上田 久間
夕方

※予約外来となりますので事前に予約をお取りください。

※赤字は女性医師となります。

活動報告

2019年実施

さいわい鶴見病院糖尿病デー「イベント報告」

2020年実施

さいわい糖尿病デー「イベント報告」

2021年実施

糖尿病患者さんのための災害時対応ハンドブック

さいわい糖尿病デー「イベント報告」

一覧に戻る