さいわい鶴見病院トップ 来院される方へ 医療機器紹介

来院される方へ

医療機器紹介

MRIスキャナ装置

MRIスキャナ装置

MRIスキャナ装置

画像提供:株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン

フィリップス社製の1.5テスラMRI装置を導入しています。 縦・横・斜めどの角度からも体内を映し出すことができ、ほとんどの臓器、関節や脊髄などを観察することができます。

・MRIスキャナ装置 ㈱フィリップスエレクトロニクス

CTスキャナ装置

CTスキャナ装置

CTスキャナ装置

東芝メディカル社製の16列CTスキャナ装置を導入しています。 より高精細な画像を提供する0.5mm撮影、患者様の息止め負担を軽減する低線量撮影を実現し、 被ばく低減技術を導入することにより、高精細画像の提供と患者さんの負担軽減を両立しています。

・CTスキャナ装置 東芝メディカルシステムズ㈱

一般X線装置

日立メディコ社製と東芝メディカル社製のX線装置を導入しています。 胸部、腹部、全身の骨などを対象とした単純撮影によるX線検査を主目的としています。

・一般X線装置 ㈱日立メディコ
・一般撮影装置 東芝メディカルシステムズ㈱

X線TV装置

X線TV装置

X線TV装置

キャノンメディカルシステムズ社製(旧東芝メディカル)のX線TV装置を2018年に導入しました。
一段と鮮やかな画像と低被爆を実現しており胃や大腸などの消化管造影検査だけでなく、整形外科・呼吸器内科などさまざまな用途に使用されています。

・X線TV装置 キャノンメディカルシステムズ㈱

乳房X線撮影装置

乳房X線撮影装置

乳房X線撮影装置

東芝メディカル社製の乳房X線装置を導入しています。 受診者の不安感を低減する「ラウンドフォルム形状」、圧迫による痛みを軽減する「美圧」システム、 大胸筋を緊張させない「フラット形状アームレスト」など、受診者の負担を最小限に抑えることができます。

・乳房X線撮影装置 東芝メディカルシステムズ㈱

超音波診断装置

超音波診断装置

超音波診断装置

東芝メディカル社製の超音波診断装置を導入しています。 検査時の患者さんへの負担が他の画像診断装置に比べて少なく、またリアルタイムに画像を観察できることから、 腹部一般の検査や循環器、甲状腺や乳腺,等の幅広い臨床領域で使われています。 当機種はエラストグラフィを搭載しており腫瘍の診断等に役立っています。

・超音波診断装置 東芝メディカルシステムズ㈱

電子内視鏡装置

電子内視鏡装置

電子内視鏡装置

富士フイルム社製の内視鏡装置を導入しております。
病変の拾い上げ(スクリーニング)診断や病変部の早期発見に有効です。

・電子内視鏡装置 富士フイルムメディカル㈱

電子内視鏡装置

電子内視鏡装置

オリンパス社製内視鏡電子装置を導入致しました。NBIを搭載した内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE」を採用しており、病変の早期発見が可能となります。

  *NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)とは、通常光観察では見えにくい小さな病変を特殊な青い光で見えやすくします。 早期がん等の病変の発見率向上のため、今注目を集めている内視鏡技術です。

・電子内視鏡装置 オリンパス(株)

血圧脈派検査装置

血圧脈派検査装置

血圧脈派検査装置

フクダ電子社製の血圧脈派検査装置を導入しています。
CAVI(キャビィ)は大動脈を含む「心臓から足首まで」の動脈の硬さを反映する指標で、動脈硬化が進行するほど高い値となります。 大動脈の進展性の低下は心疾患の発症や予後を規定する因子となることが知られており、早期診断と管理に役立ちます。

・血圧脈派検査装置 フクダ電子㈱