さいわい鶴見病院トップ 診療科一覧 関節外科

診療科一覧

関節外科

膝関節の診療を専門としています。

受診(予約)方法について

皆様へ

当院は、日本整形外科学会、日本整形外科学会スポーツ医学会、日本スポーツ協会、日本再生医療学会の各分野における専門医が在籍し、幅広い専門性を活かした治療を行っております。 なかでも、加齢とともに万人に起こる‘変形性膝関節症’に対し、自分の《膝》を残す治療である関節温存手術「膝周囲骨切り術」に力を注いでおり、日本Knee Osteotomy フォーラム(膝周囲骨切り術の全国規模の会)の総本部かつ教育機関にもなっております。 当科では患者様個々の病状から患者様の意向も重んじた上で、最善の治療方法を模索・検討し、高度な専門医療を提供できるように日々診療しております。

対象疾患

概要

当院の関節外科が扱う主な病気

変形性膝関節症、大腿骨骨壊死、半月板障害(損傷、円板状半月など)、膝骨軟骨損傷、膝離断性骨軟骨炎、膝蓋骨脱臼、分裂膝蓋骨、靭帯損傷、膝スポーツ障害などを中心とする膝関節疾患

関節外科の特色

~患者個々に適した治療法の提供~

高齢化社会を迎え、関節症患者が増多する現在、慢性疾患の代表格でもある‘変形性膝関節症’の治療にしても関節鏡手術、人工関節置換術、膝周囲骨切り術、最近では再生医療も行われつつあり、種々の治療法が存在します。 しかし、これらが適切に施行されているとは限りません。当科では全ての手術技術を有しており(‘再生医療’については準備中)、患者様の病状を正確に診断し、適切な治療方法を選択・提案させて頂いております。

関節温存・膝周囲骨切り術

~関節温存・膝周囲骨切り術とは~

膝の変形が強くなり痛みのために日常生活に大きく支障が出現してきたときには、‘人工関節置換術’という手術があります。これは傷んでいる膝の骨軟骨を虫歯のときの治療のように削り取り、機械に置き換える手術であり、手術直後から歩くことのできる素晴らしい手術です。 しかし、残念ながら、もって生まれた自分の膝は失われます。また、機械ですので愛護的に使用する必要があり、手術後の生活には制限がかかります。 一方、‘膝周囲骨切り術’とは、O脚やX脚に変形した膝では、内側あるいは外側のどちらか片側だけが傷んでいるケースが多いため、正常の軟骨が残っている部分に体重がかかるようO脚やX脚の変形を矯正する手術です。 この手術では自分の膝が残りますので、手術後、特に生活上の制限はなく、スポーツや趣味、職場復帰することが可能です。

~関節温存・膝周囲骨切り術への取り組み~

健康寿命が延び、「スポーツや趣味を継続したい」「活動的に行動したい」という御高齢の方が増えてきております。 そのような患者様の意思を尊重し、膝の状態に応じて当科では自らの《膝》を残す関節温存手術「膝周囲骨切り術」の最先端の手術手技を日々導入し、種々の骨切り手術法を駆使して、最適な関節温存手術を提供しております。

~人工膝関節術とは~

変形した関節の表面を金属やセラミックなどでできた人工の部品に置き換える手術です。一般的には、ひざの曲がりは90~120度前後までであり、人工関節が擦り減らないように愛護的な生活をする必要があります。

自分の ‘ひざ’ で無くなり、機械に全てをゆだねることになりますので、動いているうちに緩みが出てきたら、人工関節の入れ替え手術が必要になり、また、感染に弱いという欠点があります。従って、重症度の高い変形の方に勧められます。

医師プロフィール

関節外科センター センター長 竹内 良平

関節外科センター センター長 竹内 良平

専門分野・得意とする手技
膝関節外科
略歴
1984年 山形大学医学部卒業
1984年 東京逓信病院第一外科初期研修医
1986年 横浜市立大学病院整形外科常勤特別職
1986年 神奈川県七沢脳血管センター医員
1987年 横須賀北部共済病院整形外科医員
1990年 聖母会横須賀聖ヨゼフ病院整形外科医員
1991年 横浜市立大学医学部整形外科助手
2000年 横浜市立大学医学部整形外科講師
2000年 横浜国立大学工学部非常勤講師
2002年 横浜市立大学医学部整形外科助教授
2003年 横浜市立大学大学院助教授
2005年 公立大学法人横浜市立大学大学院准教授
2006年 早稲田大学総合研究機構客員教授
2011年 横須賀市立市民病院関節外科・人工関節センター長
2011年 神奈川歯科大学特任教授
2019年 川崎幸病院関節外科センター長
2019年 さいわい鶴見病院関節外科センター長
学会認定・資格
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本Knee Osteotomyフォーラム会長
日本整形外科学会会員(専門医)
日本骨折治療学会会員(評議員)
日本足の外科学会会員
日本整形外科スポーツ医学会会員(評議員)
JOSKAS(理事)
日本創外固定・骨延長学会会員(幹事)
東日本整形災害外科学会会員(評議員)
関節外科部長 藤間 保晶

関節外科部長 藤間 保晶

専門分野・得意とする手技
膝関節外科
関節温存骨切り術
人工膝関節術
関節鏡手術
略歴
1995年 4月 奈良県立医科大学整形外科入局
1996年 1月 奈良県救命救急センター 研修医
1996年 7月 奈良県立奈良病院麻酔科(ローテート)
1997年 1月 三重県大台厚生病院整形外科 医員
1998年 1月 大阪松原市立病院整形外科 医員
2000年 1月 済生会富田林病院整形外科 副医長
2002年 1月 奈良県立三室病院整形外科 医員
2004年 7月 済生会奈良病院整形外科 医長
2006年 7月 市立奈良病院整形外科 医員
2008年 7月 国立病院機構奈良医療センター整形外科・リハビリテーション料 科長、医局長
2017年 1月 市立奈良病院整形外科 医長、リハビリテーション料 部長
2019年 4月 川崎幸病院関節外科 部長
2019年 11月 さいわい鶴見病院関節外科 部長
認定資格等
日本スポーツ協会認定スポーツドクター
日本整形外科専門医
日本再生医療学会再生医療認定医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
奈良県立医科大学臨床教授(2014年~)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員
日本 Knee Osteotomy フォーラム世話人
関西 Knee Osteotomy 研究会 世話人
関西関節鏡・膝研究会 幹事
奈良県スポーツ医学研究会 幹事
京都・横浜・奈良バイオメカニクスカンファレンス委員長
関節外科医長 大澤 克成

関節外科医長 大澤 克成

専門分野・得意とする手技
膝関節外科
膝周囲骨切り術
人工関節置換術
略歴
2008年 4月 関東労災病院 初期研修
2010年 3月 関東労災病院 初期研修修了
2010年 4月 横浜南共済病院
2011年 4月 横浜市立大学病院
2012年 4月 藤沢市民病院
2015年 4月 横須賀市立市民病院
2019年 4月 川崎幸病院
2019年 11月 さいわい鶴見病院
認定資格等
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定リハビリテーション医
日本スポーツ協会認定 スポーツドクター

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 竹内 良平
藤間 保晶
大澤 克成
原 淳
瀬戸上 智行
雪平 重雄
藤間 保晶
原 淳
角 雄一郎
上西 蔵人
竹内 良平
大澤 克成
当番制
午後 竹内 良平
藤間 保晶
大澤 克成
原 淳 藤間 保晶 原 淳
角 雄一郎
瀬戸上 智行
竹内 良平
大澤 克成
夕方 ※原 淳

※木曜夕診は スポーツ整形
黒字 - 整形外科
青字 - 関節外科

受診を希望される方へ

お問い合わせ

さいわい鶴見病院外来予約番号TEL:045-581-1417

救急外来

救急の場合は、下記にご連絡の上、川崎幸病院の救急外来をご受診ください。

お問い合わせ

川崎幸病院受付TEL:044-544-4611

一覧に戻る